So-net無料ブログ作成

高額療養費、自己負担額を見直し [社労士]

前々回のブログで高額療養費について書いたときに、今後自己負担額が引上げられることはあっても引き下げられることはまずないだろうと断言をしてまだ数日しかたっていないのに、ヤフーのトピックスにびっくりする見出しのニュースがありました。ニュースはこちらです。

医療自己負担、上限4万円に軽減…来年度にも

記事は、

〉 政府は8日、医療費の窓口負担が一定額を超えた場合に払い戻す高額療養費制度について、70歳未満の年間所得約300万円以下世帯(住民税非課税世帯は除く)の負担上限額を現行の月額約8万円から月額約4万円に引き下げる方向で検討に入った。

〉 年内に厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会」で具体案をとりまとめ、2011年度にも実施したい考えだ。

〉 新制度の適用を受ける対象者は、3000万人程度と想定している。

〉 現行制度では、70歳未満の高額療養費の自己負担の月額上限額は、所得に応じて、「住民税非課税世帯」は3万5400円、「一般所得世帯」(年間所得600万円未満)は約8万円、「高額所得世帯」(年間所得600万円以上)は約15万円となっている。

〉 高額療養費の対象となるのは、がんや神経性難病などの患者が多く、過去12か月以内で3回以上、高額療養費の支給を受けた場合は4回目から半額程度に軽減する特例が設けられている。

〉 しかし、最近は景気低迷で医療費負担に苦しむ患者も増えていることや、効き目が大きい高価な抗がん剤が普及してきたことから、一般所得世帯のうち、約3分の1を占めると見られる所得世帯の負担軽減が必要だと判断した。

〉 厚生労働省によると、高額療養費は、医療費ベースで年1・6兆円(2007年度)。同省の試算では、年間所得約300万円以下の世帯の上限額を半額に引き下げることで、医療費ベースで4000億~5000億円程度、国庫ベースで1000億円以上の財源が必要となるという。実現に向けては財源の確保などの課題がある。

〉 ◆高額療養費制度=1か月の医療費が自己負担の上限額を超えた場合、超過分が払い戻される制度。現行では自己負担の上限額は所得水準によって、70歳未満で3段階、70歳以上で4段階に区分されている。例えば、60歳の患者が腹痛により7日間救急病院に入院すれば、医療費は約42万円、3割負担で約13万円かかるところ、自己負担は約8万円にとどまることになる。

とあります。

うーん、引き下げといえば引き下げですが、全体の自己負担額を引き下げるわけではなく、3段階に区分されている自己負担額を4段階に区分するということですね。しかし、まぎらわしい見出しですよ。見出しだけしか見なければ全体が軽減されると勘違いしてしまいます。

まあ、今の政権ならとりあえず人気取りのために後先考えずにやる、なんてことが十分ありえる話ですので、自分が赤っ恥をかいたのかとびっくりしましたよ。もし全体に引き下げるということなら、こっそり記事を修正しなければならないところでした。

4段階に区分されることの感想ですが、前々回のブログで引用した記事に書かれていたような人には助かる話でしょうね。問題は記事にも書かれていますが財源です。保険料の引き上げは避けられないでしょうね。協会けんぽの保険料率は3月に引き上がったばかりですが、いよいよ10%越えになってしまうのでしょうか。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください。)

公的・民間を問わず、「保険」、「年金」 と名のつくものについては、なんでもお気軽にお問い合わせください。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。