So-net無料ブログ作成

高額療養費の見直しを見送り [社労士]

このブログで、これまでに11月と5月に高額療養費の自己負担額の見直しの動きについてのニュースを紹介していきましたが、結局は財源の確保が難しいため見送ることになったというニュースがありました。ニュースはこちらです。

低所得世帯の医療費軽減見送り…財源確保できず

記事は、

〉 政府は1日、医療費の窓口負担が一定額を超えた場合に払い戻す高額療養費制度について、これまで検討していた一部低所得世帯の負担上限額の引き下げを、2011年度は見送る方針を固めた。

〉 年間約2600億円の財源を新たに確保することが難しいと判断したためで、厚生労働省は2日に開かれる、厚労相の諮問機関「社会保障審議会」の医療保険部会に提案する。

〉 高額療養費制度の見直しをめぐっては、患者団体などから医療費の負担が重すぎるとの声が強く、厚労省は70歳未満の年間所得約300万円以下の世帯(住民税非課税世帯は除く)を対象に、現行の月額約8万円を半分程度に引き下げる方向で協議していた。

〉 ただ、引き下げには新たな財源約2600億円が必要で、厚労省は高所得世帯の上限を引き上げて負担を増やし、それを財源に充てる案を軸に調整を進めた。

〉 しかし、年収約800万~1000万円世帯の負担上限を月3万円上げて18万円程度とし、年収1000万円以上は月10万円上げて25万円程度とした場合でも、捻出できるのは400億円程度で、制度改革による財源確保は難しいとの結論に至り、高所得世帯の負担増も見送られることになった。

とあります。

ちなみに5月と11月に書いたものもこちらです。こちらも読むとこれまでの経緯がより分かります。

高額療養費、自己負担額を見直し(5月9日)

高額療養費、自己負担額見直しの新試算(11月1日)

最終的には「お金」の問題でできる、できないが決まるんでしょうが、なんだかなーってしか思えません。私に直接の責任はないとはいえ、もしこれまでのブログを読んで期待していた人がいるなら、申し訳ないですよ。

まあ、あてもないのに年金の国庫負担を3割から5割に引上げておいて、今になって元に戻すなんて馬鹿なことを言い出しているのを見ると、最初からやらない分賢明なのかもしれませんね。

私の事務所のホームページです。こちらもご覧ください。

社会保険労務士・ファイナンシャルプランナー・DCプランナー 安部事務所(クリックしてください)

公的・民間を問わず、「保険」、「年金」 と名のつくものについては、なんでもお気軽にお問い合わせください。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。